トップページ > 受託調査報告 > 岡崎市都心地区における地域冷暖房システム設計業務
トップページ > 都市環境エネルギー協会について > 受託調査報告 > 岡崎市都心地区における地域冷暖房システム設計業務

都市環境エネルギー協会について

受託調査報告

岡崎市都心地区における地域冷暖房システム設計業務

IDtr006
研究テーマ名称岡崎市都心地区における地域冷暖房システム設計業務
年度平成6年度
キーワード複合施設 既存地域冷暖房 改修
研究概要 本業務は岡崎市都心地区を対象にした街並み・まちづくり総合支援事業に伴い、本地区の事業計画に対応した地域冷暖房システムの導入に関して、既存地域冷暖房の活用を考慮し、技術的・事業的に検討することにより、本地区における地域冷暖房事業の効用や事業化の可能性、事業の具体化方策等を明らかにし、地域冷暖房事業の円滑な推進を図るために実施することを目的とする。
 複合施設「ハイコンプレックス21」(延床面積135,000m2)の計画に伴い、複合施設の熱需要を想定し、隣接する地区にある既存地域冷暖房(昭和47年供給開始)の設備更新の必要性を把握、既存プラントを有効に活用しながら、設備更新、熱源の増設、改修方策をさぐる。
調査研究主体(委託者)岡崎市