トップページ > 刊行物 > シンポジウムテキスト > 第21回シンポジウム資料 「東日本大震災から学んだ都市エネルギーのあり方」
トップページ > 刊行物 > シンポジウム > 第21回シンポジウム資料 「東日本大震災から学んだ都市エネルギーのあり方」

\刊\行\物

第21回シンポジウム資料 「東日本大震災から学んだ都市エネルギーのあり方」 (2014年11月)

平成26年11月 開催  第21回 DHCシンポジウム


『東日本大震災から学んだ都市エネルギーのあり方』


1.東日本大震災から学んだ国策の見直し
一般社団法人都市環境エネルギー協会代表理事 尾島 俊雄
2.低炭素都市づくりと街づくりエネルギー計画の推進
都市計画学会 低炭素社会実現特別委員会 委員長 小澤 一郎
3.大都市圏におけるBCP、CGS,排熱利用の提言
早稲田大学 理工学術院 理工学研究所 招聘研究員 中嶋 浩三
4.パネルデイスカッション
望月明彦、都築直史、村木茂、小澤一郎、中嶋浩三
整理No 発行年月 一般価格 会員価格 在庫
5-21 2014年11月 6,600 5,500
購入申し込み